東和鋼業株式会社 沿革
1960年 大島文治 豊川市高見町にて創業
1971年 現在地に全面移転
月産100t体制
1990年 建設大臣認定 Mグレード取得
事業拡張 月産300t体制へ
1998年 ストックヤード4,000m2取得
事業拡張
2005年 社長交代 大島嗣雄 就任
2006年 溶接ロボット導入
2007年 塗装ヤード上屋建設 
2016年 国土交通大臣認定 Hグレード取得 
現在に至る
代表取締役
大島嗣雄
 当社は昭和35年より鉄骨建築一筋に社会に安心・安全な鉄骨製品を提供して参りました。半世紀という長い年月の中には不景気の荒波が幾度も訪れましたが、会社の根底に脈々と流れる「誠実に信用を第一とする」を念頭に全社員一丸となって乗り切って参りました。

 鉄骨の技術は毎年進化し、大きな地震のたびに大きく改定されております。その都度当社は新技術の取得、新工法の採用にいち早く対応し、社会に求められる鉄骨を供給して参りました。その意味では、日々研鑽の必要な業界ともいえます。

 製造業の多くが海外に生産拠点を移す中、この鉄骨業界は日本にとどまり日本の建物の品質を守り続けていく業界です。建物は1棟1棟すべて形が違います。ラインの流れ作業では生産できません。1人1人の手作業で作図・組立・溶接・検査を行う作業です。そこに働く誰もが欠かせない大事な存在となります。当社は優秀な人材ばかりが集まれば良いと思っていません。個人の能力に合わせた配置を考え、一人一人が自分の能力を出し切ることをもっとも重要視しています。つまり、横着な人間はいりません。

 見かけで就職したが人間味のないロボットのような仕事に疑問を感じる方、是非当社の職場を見学下さい。そこには大企業が排除し続ける無駄も一杯あるけど、それと一緒に、人間らしく自分で計画して、自分で製作するごく当たり前だけど、「ほっと」できる物づくりの職場が見えるはずです。多くの若者が本当の「物づくり」に出会い、この業界で人生を楽しめるようにすることが当社の使命とも考えています。

 多くの若者と出会えることを楽しみにしています。さぁ私に会いに来て下さい。
平成28年07月21日更新
こちらからご覧下さい。
日清サイロ(株)鶴見工場第6サイロ新設工事
はじまり 代表挨拶 環境配慮 就職情報 会社案内 アクセス 
モバイルサイト 
(c)2008-2016 TOWAKOGYO STEEL RIB CONST.CO.,LTD. all right reserved
2016/12/27